冷やすという行為は、主に急な組織の損傷が生じたときに行われる治療です。足首を捻挫したときや、野球のピッチャーが試合後に肩や肘を冷やす行為等が、それに当たります。それでは、腰痛に対してはどうでしょうか?今回は、腰痛に対する冷やす刺激がもたらす影響についてまとめました。

冷やすことによる効果は?

まず、冷やす効果について述べていきます。冷やすことによる効果は、循環・血管系に対する効果、神経、筋に対する効果、代謝に対する効果、結合組織に対する効果、感覚系に対する効果に分けられます。これらに対する生理学的な作用、効果について、以下の表にまとめました。

 

生理学的な作用

効果

循環・血管系

血管を縮ませる 浮腫の抑制・痛みの軽減

神経・筋肉系

神経伝達速度を遅くする 痛み・筋のこわばりの軽減

代謝系

代謝を抑える 炎症を抑える

結合組織系

組織の温度を下げる

硬く、粘り気を出す

発熱・発赤を抑える

運動の速さ、関節の動きを硬くする

感覚系

痛みを感じにくくする

感覚を鈍くする

痛みの軽減

 

最初に、循環・血管系についてです。局所を冷やすことにより、皮膚の温度を感じる受容器というものが刺激され、これにより皮膚表面にある毛細血管が縮みます。これに続いて、交感神経が刺激され、毛細血管、また立毛筋と呼ばれる毛を立たせる筋肉が縮みます。寒いときに鳥肌が立つのは、この影響を受ける為です。血管が縮むことに伴い、血流スピードが速くなります。これは、水が出ているホースの口を指で窄めると、勢いが増すことから理解できます。さらに、冷やされることにより、血液自体にとろみがつき、血流量が減少します。これらにより、炎症が生じている場所に血流が行きにくくなり、腫れを抑えることで、痛みを減らすことに繋がります。
急性腰痛のような、炎症が強い時期の腰痛に関しては、高い鎮痛効果が得られることから、冷やすことをオススメします。しかし、一般的な慢性腰痛に関しては、冷やすことで血行が悪くなり、筋肉に対して悪影響を及ぼしますので、行わない方が良いでしょう。
次に、神経・筋肉系に対する効果です。筋肉と脳には密接な関係があり、お互いの情報のやり取りに神経が役立っています。この神経の情報伝達が早い程、筋肉に生じた「痛い」という感覚が早く脳に伝わり、逆に、「動け」という脳の指令が早く筋肉に伝わります。冷やすことでこの神経を抑える効果が期待でき、これにより痛みが軽減するのです。急性腰痛に関しては、この神経の活動が一時的に活発になっている為、この神経を抑えることにより高い鎮痛効果が期待できます。しかし、慢性腰痛の方は筋肉が過剰に働いており、常に筋肉がこわばり、硬くなっています。この為、冷やす刺激を加えると、さらに硬さが増してしまい、余計に血行が悪くなってしまいます。この為、慢性腰痛の方は、冷やすよりも温めた方が良いと言えます。
次は、代謝系についてです。血流の中には酸素を運ぶ酸化ヘモグロビンというものが存在し、これが血流にのって全身を駆け巡り、酸素を供給しています。冷やす刺激が加わると、この酸化ヘモグロビンが酸素を放しにくくなり、この結果体の酸化を抑えることができます。こうなると、酸欠にならないように組織や細胞では省エネ運転に切り替わるため、結果的に代謝を抑えることができます。
この為、炎症や浮腫が生じているような腰痛に関しては高い効果をもたらします。しかし、慢性の腰痛に関しては、代謝を抑えてしまうと、筋肉の働きが弱まり、逆に腰痛を更に悪化させてしまう可能性があります。慢性腰痛に関しては、代謝を良くし、血流を促すことで痛みや疲労物質を取る方法が効果的といえますので、冷やす刺激はあまりオススメできません。
最後に、結合組織に対する効果です。冷やす刺激により、組織の温度は低下します。これにより、組織は硬くなり、粘り気が強くなります。これに伴って関節の動きが悪くなり、運動の速さも遅くなります。更に、関節の動きの幅も悪くなります。急性腰痛の方は、関節を動かさないことで、筋肉の使用を抑え、炎症が消え去るのを早める効果が期待できます。しかし、慢性腰痛の場合は、筋肉がこわばり硬くなっており、これらを更に強固にしてしまうことが考えられます。この為、筋肉を柔らかく、動きやすくする必要があるので、冷やすよりも、温めた方が効果的であると言えます。

以上の事から、冷やすという行為は、ギックリ腰のような急性腰痛の応急処置としては、冷やすことは適切であると言えますが、一般的な慢性腰痛に関しては、冷やすことで更に腰痛を悪化させてしまうという事が考えられます。この為、あくまでも冷やす刺激は炎症を取る為に行い、その他の腰痛に関しては温めることで、その改善が期待できます。

冷やしてはいけない人ってどんな人?

急性腰痛に対しては、冷やすことで炎症の抑制に高い効果をもたらしますが、冷やす刺激を加えてはいけない方もいます。それは、主に合併している病気を悪化させる可能性がある人方です。

まず、寒冷過敏症と言われる、冷たい刺激に対し過剰に反応してしまう方です。冷たい刺激により、様々な症状が誘発されるものですが、この症状をお持ちの方は冷やしてはいけません。
また、高血圧などの循環器系の疾患を患っている方も、冷やすことで血管に負荷が加わってしまうため、冷やすことはオススメできません。
その他、感覚障害があり、冷たい刺激を認識できない方や、開けた傷口がある方、また冷たい刺激に対して拒否的な方にも、炎症しているからと言って無理して使用することはオススメできません。そのような場合には、内服等、他の方法で炎症をとる選択をすることをオススメします。

まとめ

腰痛に対する冷やす刺激の効果をまとめました。ギックリ腰などの急性腰痛に対しては高い効果をもたらしますが、一般的な慢性腰痛に関しては、冷やすことでむしろ腰痛を悪化する可能性が圧倒的に高いという結果となりました。一般的な腰痛に関しては、温めることで筋肉を柔らかくし、血流を良くすることで、改善が期待できます。時期に応じては冷やすことも重要ですが、基本的に腰痛に関しては温めることで、痛みの軽減効果が期待できると言えます。

作成者:hayato.k0608
自己紹介:普段は整形外科で理学療法士として勤務しています。腰痛で悩まれている方が多く、少しでもお力添えになれたらと思い、お仕事の依頼を受けさせて頂きました。
エビデンスに基づいた記事の作成に努めていければと考えています。よろしくお願い致します。